お魚 釣りに必要な持ち物

釣りに必要な持ち物



アイテム現地調達用途コメント
釣竿  レンタル可     釣りをするなら、釣竿がなければ、お話になりません。  画像クリックで詳細ページへ。2000円程度です。
リール レンタル 子供でも扱いやすいものを 釣り具屋さんでそろえましょう。  
えさ・しかけ 売店で調達可 前日までに準備できれば、前夜のうちにチルド室で半解凍にしておきましょう。 えさ・しかけも売店で調達できますが、やはり、割高です。 サビキ用のしかけは、海釣り施設の売店だと300えん。一般の釣具屋さんでは、150円ほどで 購入できます。
クーラーボックス 調達可 釣った魚を入れるのに必要です。 売店でも発泡スチロールのものを売っていました。 
保冷剤 調達不可 もちろんクーラーボックスの中を冷やすために必要です。 前日に冷凍しておきましょう。売店では、保冷剤はありませんが、氷は売っています。 
折りたたみのイス、またはクッション 調達可 サビキ釣りで入れ食いになった場合は、座ってる暇なんかありませんでしたが・・・ クーラーボックスをイス代わりにするというのも、アリです。 
シート 調達可 イスだけでももちろんOKですが、シートを広げておかないと、知らない間に 両隣から、侵略されてしまう可能性もあります。 釣り場は、足場が金網なので、厚手のほうがおしりが痛くならないです。 100円ショップで売ってるような、シートを金網に固定するビニールの紐(?) があると便利です。 
ライフジャケット 無料でレンタル可 自分のライフジャケットがあれば、持参したほうがいいでしょう。 レンタルでももちろんOKですが、子供たちがみな、同じライフジャケットを着ている ので、わが子を探すとき、自宅用のライフジャケットが目だってGOODでした。 
タオル数枚 調達可 釣れた魚や餌をさわるので、よごれてもいいタオルが必要です。 他にも何かとあると便利なアイテムです。 
洗面器 釣り用のおりたたみバケツでもいいのですが、サビキ釣り用の餌を いれるのに、洗面器のようなしっかりしたいれものが重宝します。 100円ショップで売ってるような子供用のもので十分。売店には、つり用の バケツは売っていました。 
バケツ 現地調達可 釣り場入り口の水道で、真水を一杯いれておくと、なにかと便利です。 釣り用の折りたたみバケツで十分です。
スーパーのビニール袋 何かと汚れ物がでますので、数枚あると便利です。 売店でのお買い物でももちろんもらえますが、ちょっと小さいかも。 
お弁当 売店で調達可 腹が減っていては、釣りはできません。 釣りは朝早いので、このくらいは、売店で調達してもいいでしょう。 
小銭 現地調達は難しい 入場料、売店での買い物、自動販売機でのコーヒーなどに必要です。 必要な分だけ、ポケットにでも入れておくのがいいでしょう。
おやつ・のみもの 現地調達可 子供がぐずった時に、手っ取り早く黙らせるために必要です。 売店のお菓子は、スーパーやコンビ二と値段が変わらなかったです。 飲み物は、水筒にいれてきてもいいかも。
ウィンドブレーカー 早朝はまだ寒く、海風も強いので、子供は特に必要です。 念のため、着替え一式もあったほうが安心です。
帽子 朝は涼しくても、だんだん日が高くなってくると必要になります。 帽子が風で飛ばされないように、帽子と洋服の襟を紐のついた洗濯ばさみで とめている人をたくさんみかけました。
携帯電話 現地調達はできません 特に釣りに限ったことではありませんが、外出のときは、持っていたほうが なんとなく安心します。 前日にしっかり充電しておきましょう。



ちなみに、海釣り施設の売店の電話番号は045-623-9387です。
出かける前に、確認しましょう。


こちらのサイトでも釣り道具を扱っています。→ フィッシング遊 プレイジャパン



***メニュー***

お魚トップ お魚駐車場と入場編 お魚海釣り施設・釣り場編

お魚海釣り施設の中 お魚いよいよ釣り本番! お魚釣った魚を料理しよう!

お魚必要な持ち物  お魚釣りのマナーと心得 お魚子供と釣りして思うこと〜雑感〜




魚 魚 魚 その他、心得ておくこと 魚 魚 魚


本牧海釣り公園は、週末ともなれば、家族連れで賑わいます。
我が家でも、何度か海釣り公園にいきましたが、天気のよい
週末は、ほとんどと言っていいくらい、オープンしてすぐに、
入場規制がかかるようです。

前日は、早めにやすんで、当日は早起きしてでかけましょう。

天気もよし、体調も万全、準備もばっちりなのに、駐車場が満車で入れない、
なんてことになっては、悲しすぎます。

その場合、しばらくは、駐車場の空きがでませんので、10時くらいの
第一弾の帰り客を見越して、出直しましょう。

釣りは、準備からはじまって、後片付け、料理、食べるまでがひとつの
セットになっています。
準備や、片付け、料理などもできれば子供たちにも手伝わせましょう。

詳しくは、子供と釣りして思うことのページをお読みください。

コマセは、前日に、全部解凍してしまうと、釣り当日、あの生臭さに
耐えられなくなります。半解凍くらいにしておきましょう。

釣りのマナーを守って、楽しい1日になるように、心がけましょう。
このあたりのことは、釣りのマナーのページにも
書いておきました。


トップへ 次のページへ



***リンク集***

    お魚釣りのリンク集 お魚マリンスポーツリンク集 お魚アウトドアリンク集

  お魚子供とお出かけリンク集  お魚子育てリンク集  お魚お気に入りリンク集  

    お魚魚料理リンク集 お魚相互リンクについて  お魚管理人にメールする